野鳥撮影5年目突入、夫婦で鳥見奮闘記。目指せ日本で300種類


by atekichi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

やっぱり凄いぞ長野県(モミヤマフクロウ)

あけましておめでとうございます!!

年末は体調不良により(初めて救急車を呼ぼうかと思いました・・・)、ブログの更新・皆さんの所へ行けませんでした。

いまだすっきりはしませんが休みもあと1日!!踏ん張りたいと思います。

今年もよろしくお願いいたします。

さて、石垣島や12月に出会った鳥達のことがまだ書ききれていませんが、12/30、12/31と思いがけない嬉しい出会いがありましたので先に書いてしまいます。

あ、ひさし振りと興奮した出来ごとでしたので、結構だらだら長いです・・・

年末・正月、相方の実家である長野県に帰省してきました。

相方は本日仕事ですので、12/29日に仕事終わってそのまま長野へ行き昨日の夕方神奈川へ帰ってきました。

初めての冬長野です。

新潟に近い方ですので、結構寒いです。 ですのでスタッドレスタイヤを履いてドキドキしながら行ってきました。初スタッドレスでドキドキです。

そして、せっかく大自然に行くのだから鳥見もすることに!

実家のすぐそばの山には小さな池があります。いつ行っても誰もいません。

昨年の春先に、この池にいくとベニマシコがお出迎えしてくれたので、アルプスとベニマシコを見に行ってみました。

流石山道・・・ ちょっと怖かったです・・・

少し道幅が広くなったところでパシャリ、右は崖ですので怖い怖い・・・
a0167480_9282963.jpg

目的地の池8(全て凍っていました) 音もなくただシンシンとするだけ 最高です。
a0167480_9294988.jpg

獣の足跡があちらこちらに・・・ 春・夏は熊もでます
a0167480_9311021.jpg

雲で隠れていますがアルプスの一部が見えます。
a0167480_9322396.jpg


時間は14時過ぎ、ヒヨドリ・ツグミ以外はほとんど鳥の姿はありません。

今回は下見と言うことで、下山開始です。

ノロノロノロノロとしばらく車を走らせると、突然相方が

「なんかいる!!!! フクロウ!?」

と興奮しています。

こんなところにフクロウがいるわけがない、ましてやこんな明るい晴れた日に・・・

馴れない雪道で四苦八苦しながら、5m先にある左の電線をみると、大きな毛の塊があります。

うっすら目を開けてこちらをみています。

「フクロウだ!!」

もちろん大興奮です。

まさかフクロウに出会えるなんて!残念なのがカメラの用意をしていなかったこと。

すぐに、森の中へ帰っていきましたが、一番見たかった念願の「フクロウ」に会うことが出来ました!!!

その後2人で大興奮しながら温泉につかり

明日の予定を変更です。

ほんとは大晦日ですので、ごろごろのんびりする予定でしたが、朝からもう一度フクロウを探しに行くことに。

もちろん、昼間に姿を見られる確率は低いのですが、少しでも可能性があるのならばと

31日の朝、寝坊しまして9時半に出発、凍った山道をパティ子(愛車のJeepパトリオット)が行く。

私は運転に集中、相方が必死に目を凝らします。

天気は快晴、昨日は運が良かっただけと、見つからなかった時のショックを和らげるためネガティブ思考で突き進みます。

すると、またもや相方が

「いたいた~!!!」

っと、右前方に昨日の子を発見!! 後ろ姿です。

今度は枝に止まっています。

ここで車を止めたら警戒心の強いフクロウは逃げてしまいます。

グッとこらえてそのまま前進。

しばらく進んで道幅が広がったところで双眼鏡で確認。

・・・が見失ってしまいました。いったん目を離すと茶色い枝に隠れて分からなくなります。

せっかくのチャンスを逃してしまいました。

しばらくは戻ってこないだろうと、いったん下山です。

お昼を食べて、昨日と同14時過ぎにもう一度行ってみるがもちろんいません。

姿を見られただけでも、幸運なことと思いながら進んでいくと、また相方が

「いたいた!!!」

と杉林にいるフクロウを見つけました。

驚かさない様に、その場を離れ、相方はデジスコで遠くから撮ることに。

私は、小高い丘の上にある雑木林に身を潜めて撮影です。

「モミヤマフクロウ」170種類目
フクロウには4つの亜種が存在し、北海道には「エゾフクロウ」本州北部に「フクロウ」中部に「モミヤマフクロウ」南部・四国・九州に「キュウシュウフクロウ」とに分かれています。
この子はモミヤマフクロウということになります。
遠くからでは分かりませんが、光が当たると綺麗な濃い青い目をしていました。
雪がちらつき始めての撮影になりました。
EOS 7D+EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM
まだ眠そうです。
a0167480_10132828.jpg

ちょっとトリミング
a0167480_10134847.jpg

しばらく双眼鏡で眺めていたのですが、山の上の方から地元の方が降りてきまして、飛んでいってしまいました。 厳しいでしょうがこんな大自然で暮らすのもいいかもしれませんね。

そしてなんと帰り道にまた同じ子がいました。

朝止まっていた枝に戻ってきていました。

ここがお気に入りのようです。

今回は隠れる場所もないですので、かなり離れて車の陰に隠れながらデジスコで撮影。
デジスコTSN-774+EXILIM FC150
a0167480_10213522.jpg

a0167480_10214312.jpg

EOS 7D+EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM

まさかまさかのフクロウに大感激、凄く大きくてビックリです。

しかも予期せぬところで見つけるとなるとさらに格別です。

しかも、里山にもどるとヒレンジャクの群れにも遭遇。
写真はうまく撮れませんでしたが次の記事で載せます。

この2日間で出会った鳥
スズメ・ヒヨドリ・シジュウカラ・ハシボソガラス・トビ・ダイサギ・ツグミ・カワラヒワ・カシラダカ・ホオジロ・エナガ・コゲラ・アオゲラ・アカゲラ・カケス・ヒレンジャク・モミヤマフクロウ
なかなか充実した鳥見でした。
ここはほとんど人がいませんので気ままに過ごすことができるお気に入りの場所です。


いつも応援ありがとうございます!

ランキングに参加してますので
ポチっとクリックして頂けたら嬉しいです。
  ↓
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
[PR]
by atekichi | 2011-01-02 10:37 | 長野