野鳥撮影5年目突入、夫婦で鳥見奮闘記。目指せ日本で300種類


by atekichi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

チョウセンチョウゲンボウ??

こんばんは

先週の日曜日に劇場版SPEC(コウの編)を見た後に久しぶりに鳥見に行きました。

お目当ては噂の「チョウセンチョウゲンボウ」です。

今年の3月頃にも話題になっていましたが行く時間がなく、あきらめたのですが今回見に行くことができました。

チョウセンチョウゲンボウと言い切っているブログがたくさんあるのですが、私たち自身はチョウセンチョウゲンボウという鳥を知らないため色々調べました。

調べてみると日本で見ることのできるチョウゲンボウは

・Falco tinnunculus  interstinctus  亜種・チョウゲンボウ

・Falco tinnunculus  tinnunculus  基亜種・チョウセンチョウゲンボウ

・Falco tinnunculus  perpallidus

の3種類。

しかし、それぞれを明確に識別するポイントは見つかりません。

私の持っている「日本の鳥550」では、全体的に色が淡いものは亜種チョウセンチョウゲンボウの可能性はあるが、亜種チョウゲンボウのも淡い個体がいるため亜種の識別は極めて困難としています。

また、BIRDERの2012年09号では亜種チョウセンチョウゲンボウは亜種チョウゲンボウよりやや大きいが、ほとんど変わらないこともあり、成長オスでは上面の黒色斑が小さく、数も少ない。メスはどの亜種でも酷似していると書いてあり、淡い色彩については書いていない。
それどころか、Brazil(2009)によると日本や韓国で観察される淡色の個体は、亜種チョウゲンボウの淡色型か亜種Falco tinnunculus perpallidusなのか不明としているとの記述がある。

BIRDERの2011年06、07号では実際に保護された亜種チョウセンチョウゲンボウの詳細なイラストと記述が載っているのですが、断定はできないとされている。

つまり淡色型のチョウゲンボウは

・日本の鳥550ではチョウセンチョウゲンボウの可能性もある。が、識別は極めて困難である。

・BIRDERに引用されている文献によると、亜種チョウゲンボウの淡色型か亜種Falco tinnunculus perpallidusの可能性があるがよくわかっていないのが現状のようです。

なのにチョウセンチョウゲンボウと断定しているのはなぜなのでしょうか?多くが淡色だからだとか、それに近い理由でチョウセンチョウゲンボウといっているようです。 しかしそれだけで断定するのはちょっと疑問です。

実際私たちも見に行ったのですが、確かに今までにみたチョウゲンボウにくらべかなり淡く可愛いことは確認できました。

果たしてこの子はいったい・・・ 専門機関などの見解が聞きたいところです。(もしすでに識別されているのでしたらすみません)


「チョウセンチョウゲンボウ??」

EOS 7D+EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM
a0167480_1953171.jpg

a0167480_1953831.jpg

a0167480_19531616.jpg

a0167480_19532374.jpg


Kissx7+EF70-300mm F4-5.6L IS USM
a0167480_19533385.jpg

a0167480_19534191.jpg

a0167480_19534898.jpg



「タゲリ」

EOS 7D+EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM
上空になにかが飛来し上を見上げました。
a0167480_1954454.jpg

a0167480_19545340.jpg



もしチョウセンチョウゲンボウなら未見ですので嬉しいのですが、現時点では淡色型チョウゲンボウが妥当なのかもしれません。

もし詳しい識別法や情報がありましたら教えてください。
[PR]
by atekichi | 2013-12-04 19:57 | 野鳥