野鳥撮影5年目突入、夫婦で鳥見奮闘記。目指せ日本で300種類


by atekichi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

冬の長野で鳥見(イスカを求めて)1

こんばんは、ぽーちゃん、いくらちゃんを放鳥しながら書いております。

昨年12月31日~今年の1月4日まで相方の実家の長野へ行ってきました。

今年はは珍しく二人とも休みが重なり、ゆっくり年を越せることができました。

いつものように4日間とも実家の裏山へ探鳥へ行き、夕方には近くの温泉施設へという贅沢な日々でした。(さすがに元旦は午後にちょっとだけ)

今回の目的は「イスカ」です。

ここは、数年前に「モミヤマフクロウ」「レンジャク」に遭遇し、一昨年の冬には「オオマシコ」、昨年の夏には「ハチクマ」「サシバ」の渡に出会えた素敵な場所なのです。

標高800~1000メートルで、池が数か所点在し、周囲には赤松もたくさんなっているのです。

昨年夏にきたときに赤松の木を確認してから、きっと「イスカ」も来るんじゃないかと勝手に目星をつけていたのです。

ですのでずっと冬が待ち遠しかったのです。しかも今年(昨年)は「イスカ」の当たり年といわれており各地で目撃情報が多数あったことから、出会えて当たり前みたいな気になっていました・・・

朝6時に起きて凍った林道をどんどん登ります。スタッドレスも新品ですので安心です。

標高800メートルにある池です。鷹の渡もここでみます。

Kissx7+EF70-300mm F4-5.6L IS USM
a0167480_19245324.jpg

a0167480_192527.jpg

深々と降る雪、別世界です。

ただ、野鳥の数がものすごく少ないです。

いつきても大量に出迎えてくれる「ホオジロ」「カシラダカ」の姿もほとんどありません。

昨年いた「ミヤマホオジロ」もメスが一瞬姿を見せてくれたのみでした。

目星をつけていた赤松地帯にもイスカはおろななんにもいません。

たま~に、鳥を見つけてもここの子たちは警戒心が非常に高く、車の中からだろうと近くで観察することはできません。

そんななか、なんとか見つけた鳥たちです。

「シメ」1羽のみ
EOS 7D+EF400mm F4 DO×1.4
a0167480_19333548.jpg


「ベニマシコ」
この子たちは
とは10数羽出会うことができました。
EOS 7D+EF400mm F4 DO
a0167480_19355027.jpg

a0167480_19355892.jpg

Kissx7+EF70-300mm F4-5.6L IS USM
a0167480_19362586.jpg


「カケス」
年がら年中いつきてもかならずいます。
EOS 7D+EF400mm F4 DO
a0167480_19373281.jpg


「アオゲラ」
すごく遠くですが
Kissx7+EF70-300mm F4-5.6L IS USM
a0167480_19384989.jpg


          ↓

a0167480_19391856.jpg

尋常ではないぐらい膨らんでしまいました。

「アカゲラ」
EOS 7D+EF400mm F4 DO
a0167480_1941378.jpg


他には、コゲラ、シジュカラ、イカル、カシラダカ、ホオジロ、ミヤマホオジロ、メジロと出会えました。

イスカはあきらめ、オオマシコを探しに行きますが、オオマシコもいません・・・

まだ、きていないのか、それとも昨年はたまたまきてくれたのか。

続く
[PR]
by atekichi | 2014-01-23 19:45 | 長野