野鳥撮影5年目突入、夫婦で鳥見奮闘記。目指せ日本で300種類


by atekichi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:機材( 7 )

こんばんは

またまた、ブログ更新が滞ってしまいました。

今回は新機材と鳥見とは関係ない旅行のお話です。



①旅行の話

先日、結婚記念日(4周年)ということで、ディズニーシホテルミラコスタへ2泊してきました。

私達は、ディズニーが特別好きというわけではありませんが、以前興味本位でディズニーランドホテルに泊まったときに普通のホテルでは味わえない独特の雰囲気にやられてしまい若干虜になってしまいました。

テーマパークには興味はないですけど、ホテルや、ホテルから眺めるパーク内が好きなのです。

今回泊まったのは「スペチアーレ・ルーム&スイートのテラスルーム(ピアッツァビュー)」というかなり贅沢なお部屋にしました。 本当はは「テラスルーム(ハーバービュー)」という港が一望できる部屋にしたかったのですが、今回は予約出来ませんでした。




②機材の話
最近、デジスコを持ちだす機会が減り、相方はEOS kissx2+EF70-300mm F4-5.6L IS USMというデジ一スタイルで鳥見をすることが多くなりました。

しかし、私が7Dと400mmDOを使用しているため、それと比べてしまいなかなか満足のいく撮影が出来ずにいました。

そこでたどり着いたのが、PowerShot SX50 HSというネオコンデジです。

このカメラはなんと、1210万画素で重さ551 g、光学ズームですと35mm判換算で広角端24mm~望遠端1200mm、デジタルズームとテレコン機能を利用すれば4800mmまでの超望遠が手持ちでラクラク楽しめるのです。

なんだか嘘みたいな話です。 いろいろネットで調べましたが評価は上々値段もお手頃ですので、相方にプレゼントしてみました。 

とにかく軽いというのが特徴で、手持ちでデジスコ並みの望遠が楽しめます!
流石に画質やファインダーの見やすさはデジ一には敵いませんが、そんなデメリットなんて関係ないぐらいの魅力があります。

ですので、この先はPowerShot SX50 HSを使った写真も多く載せますので、参考にして下さい。


まずはミラコスタの写真
PowerShot SX50 HS
赤い丸が今回泊まったテラスルーム(ピアッツァビュー)という部屋、ハーバーも望めますが、手前にある教会が少し邪魔なのです。

青い丸が2年前に泊まったテラスルーム(ハーバービュー)という部屋、ハーバーの全貌が一望できます。
a0167480_18511747.jpg



チェックインやチェックアウトは「サローネ・デッラミーコ」という専用ラウンジで行い、ここは飲み物も飲み放題、18時からはカクテル・ビール・ウィスキーなど各種お酒も無料で飲み放題なのです。
a0167480_18552967.jpg


パーク内が一望できるテラス、ここからショーを眺めます。
a0167480_18592456.jpg


テラスからの眺め
a0167480_190781.jpg


正直高かったですが、それだけの価値はあったかなと思います。


続いては
②PowerShot SX50 HSについて

広角端24mmで撮ったカラス
赤い丸の中にハシブトガラスがいます
a0167480_1931710.jpg


×50の望遠1200mmにすると
a0167480_1972473.jpg


4800mmですと
a0167480_1975579.jpg


と、手持ちでかつ設定もオートで撮ってここまで写せます。最近では相方はずっとこのカメラを使っています。


テラスに来た鳥達です。

「ハシブトガラス」
PowerShot SX50 HS
a0167480_19115718.jpg

タワーオブテラーと一緒
a0167480_1912756.jpg

タワーオブテラーを望む
a0167480_19121746.jpg


「スズメ」
PowerShot SX50 HS
落としたポップコーンに集まった
a0167480_19131474.jpg

a0167480_19132577.jpg


「ヒヨドリ」
PowerShot SX50 HS
a0167480_19142210.jpg


「ハクセキレイ」
PowerShot SX50 HS
右足の指が無い子でした・・・ 元気に生きてほしいです。
a0167480_19215582.jpg


「スズガモ」
PowerShot SX50 HS
はるか遠くに見えたスズガモの渡り?
a0167480_19165662.jpg


夏休みを消化していませんでしたので、4連休になりましたが、明日からの仕事が憂鬱すぎます。
[PR]
by atekichi | 2013-03-16 19:19 | 機材
こんにちは

お昼休みです。

なんと家のPCが壊れてしまいました・・・

まだ紹介していない鳥たちがいたのに・・・

また、出会えるかなぁ

去年の途中までは外付けHDにバックアップしていたのですが残念です。

ですので、ブログの更新も出来ません!!

しばらくお休みします。

今週の日曜日は3週間ぶりに鳥見にいけそうです。

それまで頑張るぞ!!
[PR]
by atekichi | 2011-02-15 13:36 | 機材

出会いと別れ

ヒトの世界で、春とは新しい出会いがある反面お別れの季節でもあります。

野鳥の世界でも4月は夏鳥がやってくる季節でもあり、冬鳥が旅立ってしまう季節でもあります。

しかし、季節に関係なく一年中身近に存在するカモの紹介です。

その名は

「カルガモ」

ごくありふれたカモなのですが、良く見るとかなり可愛い顔をしています。

今日は久々の休みでしたので、午後から近場へ鳥見に行ってきました。

目当ては夏鳥でした。

私は去年の冬に野鳥に目覚めたため、夏鳥を見たことがありません。

やっとこの季節になりました。

しかし、いざ行ってみると夏鳥はおろかほとんど鳥の姿がありませんでした

昨日は「オオルリ」が姿を見せ、今日の午前中は「キビタキ」が見られたそうです・・・

残念・・・ なんで週休2日じゃないんだと嘆いていると「カルガモ」のペアが楽しそうに水浴びをしていました。

いままで撮ったカモ類の写真は「ただ水に浮いているカモ」を撮っていましたので、動きのある写真が撮りたいと常々思っていましたので大チャンス到来です。

その時の写真

「カルガモ」
カモ類では珍しく、一年を通して雌雄同色のカモ
EOS 7D+EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM
どうやら今日は元気のない私達に沢山サービスしてくれるそうです。
「う~!!」
a0167480_21251628.jpg

「どうだ~,!」
a0167480_21231925.jpg

「イナバウワ~」
a0167480_2126551.jpg

a0167480_21264461.jpg

「勢い余って一回転してしまったではないか!!」
a0167480_21273550.jpg


・・・お粗末さまでした。

そしてこれが動きのない写真(でも、これが一番カモらしい写真ですよね)
「コガモ」
カルガモより一回り小さい冬鳥です。
もうすぐいなくなってしまうのでしょうか。
小さいため、よくカモの赤ちゃんと間違えられます。
「コガモ雄」
a0167480_21313396.jpg

「コガモ雌」
a0167480_2132134.jpg


そしてここからが今日の本題、出会いと別れの話。

昨日は、社会人になってはじめて買った車とのお別れでした。

この車は、7年前社会人1年目のときに一目ぼれして買った車です。

私好みに色々手を加えたのでとっても思い入れのある車です。

車高が低いため、行けないところが沢山あったね!

辛い時も、楽しい時もつねに一緒でした。

辛い時は一人ドライブに出かけ、どんなに助けられたことか。

それが昨日でお別れとなりました。

いままでありがとうねアテ吉!!(我が愛車の名前です)

そして、新しく我が家の一員になるのはこの子

ジープ・パトリオット
a0167480_21413456.jpg

親ばかですが、この子も一目ぼれです。かっこ可愛い!
これから、よろしくね!!

アテ吉最後の写真です。
左がパトリオット 右がアテ吉
a0167480_2146297.jpg


野鳥ランキングに参加しています。
↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
[PR]
by atekichi | 2010-04-18 21:48 | 機材
こんばんわ

本日は休日ということで鳥見にいきました。

その鳥とは・・・

そう、いま話題になっている「キヅタアメリカムシクイ」です。

今更いうのもなんですが、この鳥は今年1月に日本(しかも神奈川県)で初めて確認された鳥なのです。

普段は北米に生息する鳥で、もちろん過去に日本で記録されたことのない超超珍鳥なのです。

その噂を知ったのは先週でした。

平日は仕事のため鳥見にいけません。しかも1月に確認された場所とは違う場所に移動してしまったらしく、鳥見仲間の少ない私にはもちろん特定はできません。

ですので、ここ数日は仕事が終わると「キヅタアメリカムシクイ」の情報を探しまくりました(もちろんネットで・・・)

どうやら、平日で50人、休日は朝7時には約20人、ピークで100~200人ものバーダーが集まるらしいです。ちなみに今日お会いした夫婦の方は関西からいらしたそうです。

今週は今日しか休みがありませんでしたのでまだいてくれるのかとそればかり考えていました・・・

そして色々な情報を組み合わせ、おおよその目星をつけていざゆかん。


朝5時過ぎ起床

6時まで「ぽー」「いくら」ちゃんの放鳥

7時過ぎに現地に到着

すでに30人程のバーダーさん達が集まっています。しかも寒い

寒さと人混みが苦手な私は若干テンションが下がるも、来たからには一目みたいと自分を励ましながらみんなの元へ!!

話を聞くと今日はまだ出ていないが、昨日はよく出てくれたそうです。

こりゃ期待できるぞとまつこと15分、なんの音沙汰もないためちらほら帰る方達も・・・

もしかしたらもう居ないのでは?と思い始めた時来てくれました!!

スズメ程の大きさで小さくて可愛い!

ムシクイの仲間ということだけあり動きが素早い!!

私たちはが着いたころには30人ほどいたため、前にはいけずこのレンズではちと厳しかったです。

しかも待機していた場所がわるく、枝かぶりや背景が建物になってしまい残念な写真になってしまいましたが、一応撮ってきました!

みなさん長靴をはいていらして、水に浸かりながら撮っていました、私もビシャビシャになってもいいから、もっといい場所へ移ろうかと思いましたが、このあと大事な用事があるので流石に断念。
a0167480_2033392.jpg


「キヅタアメリカムシクイ」
EOS 7D+EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM
曇り空の中SSを1/500まであげてしまったので、ISOが3200になりざらついてしまいました・・・
しかもトリミングしてあります。
a0167480_19595318.jpg

a0167480_2001053.jpg

かわいい後ろ姿何を見ているのでしょうか
a0167480_20026100.jpg


デジスコTSN-774+EXILIM FC150
これはノートリです。
やはりデジスコは凄い、しかも相方の腕も上がっております。
a0167480_2034898.jpg

若干ピントがずれていますが真正面から
a0167480_204744.jpg

a0167480_2045053.jpg

a0167480_205622.jpg


7時半から8時の間に3回ほど姿を見せてくれました!

今回もデジスコ頼みでした!
本来動きの素早い鳥は私が担当なのですがレンズの焦点距離が短すぎて厳しかったです。(と、機材のせいにしてみます ふふふ)
もう少し写真の整理をして、面白そうなショットが撮れていたら明日にでもまた載せたいと思います。


野鳥ランキングに参加しています。
↓ぽちっとクリックをお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
[PR]
by atekichi | 2010-04-04 20:10 | 機材
今日は当直のため仕事の前に記事を書いてしまいます。

本日の主役は一昨日であったヤマセミです。

鳥に興味がない人でも、カワセミは聞いたことがあると思います。

そして川と言えば山です。 川セミがいるのなら山セミもいるのです。

鳥にハマるまでは私もカワセミは聞いたことはあってもヤマセミは聞いたことがありませんでした。

どうやらカワセミに比べてヤマセミは警戒心が高く出会うのが少し難しい鳥みたいでした。

カワセミと同じようにヤマセミに憧れるバーダーもいるそうで、私もいつかわ会ってみたいと思っていました。

しかし本格的に接近してヤマセミ観賞をするとなると、ヒトの姿を隠すブラインドなどが必要になると教えていただいたのですが私たちにはその根性はなさそうでしたので、あきらめていました。

そんななか、ヤマセミとの距離は数十m~100mになってしまうが私達でもなんとか見れそうな場所がありました。

2月にさっそく行ってみたのですが出会えず、一昨日ベニマシコのリベンジを兼ねてもう一度行ってきました。

前回の記事にも書いたようにベニマシコにも出会え、ヤマセミにも出会えた素晴らしい日になりました。

この時期はカワセミなどもペアでいることが多いため、もしかしたらヤマセミもペアになっているんじゃないか淡い期待をもっていきました。

ベニマシコに会ってからヤマセミポイントに向かうと、「ケッケッ」とヤマセミの声が!

自然と速足になってしまいました。 現場に着くと数人のバーダーさんがいらしてました。

カメラの先をみると100m程先にヤマセミがいました!しかもペアで!
ヤマセミも初見ですのにペアで見れるなんて幸せ者です。

距離がかなりあるので私のデジ一はトリミングあり、相方のデジスコはトリミング無しです。
デジ一かデジスコで悩んでいる方に少しでも参考になればと思います。
「ヤマセミ」
山地の渓流や湖沼にすむ翡翠類で、大きさは「ハト」と同じくらいあります。
特徴は白黒のまだら模様で、立派な冠羽があることです。

上にいるのが雌・下にいるのが雄(雄は頬のしたに赤茶の模様があります)
EOS 7D+EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM
トリミング無しですとこの大きさ
a0167480_1056319.jpg

大きくトリミングしてみました
a0167480_10473388.jpg

相方のデジスコです。
こういう距離があるときにはデジスコは威力を発揮します。
デジスコTSN-774+EXILIM FC150
a0167480_1054456.jpg


その後少し近くに来てくれました!
EOS 7D+EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM(少しトリミングしています)
a0167480_10584024.jpg

デジスコTSN-774+EXILIM FC150
いっちょまえに構図を考えて、引き気味で撮影。
a0167480_10595323.jpg

比較のために焦点距離を延ばしてアップで撮影(四隅に若干ケラレが出ていますが、あたかも覗いているようで案外好きです)
a0167480_1101061.jpg


これが一番接近したときの写真 結構近くの木にとまりました!
EOS 7D+EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM(少しトリミング)
a0167480_1134261.jpg

デジスコTSN-774+EXILIM FC150
a0167480_1152829.jpg


何回か給餌の場面があったのですが全部茂みの中で、とても写真を撮ることは出来ませんでしたが見れただけありがたいと思います。


そして、撮影場所です。
駐車場からあるいて4、5キロの山奥です
水の色がエメラルドグリーンで凄く神秘的な場所でした!!
a0167480_1163749.jpg


野鳥ランキングに参加しています。
↓ぽちっと応援お願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
[PR]
by atekichi | 2010-03-29 11:12 | 機材
昨日書きましたように、デジスコ用の雲台を買いに行ってきました。

今日はその機材の紹介と

昨日の「雨に打たれて・・・」の続きの写真を載せたいと思います。



今までのビデオ用雲台は安くていいのです、なにぶんピタッと止まってくれません。

目標を視野に入れても、固定する間に少し外れてしまったり。

そうこうしているうちに、相手は野鳥ですからもちろん逃げます。

実際に使用してみてデジスコで一番重要なものは雲台だと感じました。

そこでいろいろ調べてみたのですが、よさそうなのが「ジンバル式雲台」と呼ばれるもので、スムーズに動かせるのにピタリと固定できるというすぐれもの!!

ただしお値段はそれなりにします・・・

以前お知り合いになった「きなこもち」さんはご自分で雲台など色々お作りになっていましたが、私たちは不器用のため、思い切って買うことに決めました。

ものはベンロ社の「GH-1P」というジンバル雲台です。お値段は5万円~(高い・・・)

ネットで注文すると納入に時間がかかるため、直接買いに行ってきました。

場所は千代田区にある野鳥・デジスコ専門店「ホビーズワールド」

かなり魅力的なお店で・書籍類も充実していました。

それでは本日の成果です!!  ババーン

本だけで四冊買ってしまいました。
a0167480_16285298.jpg

そしてこれが念願のジンバル式雲台GH-1Pです!!
a0167480_1629392.jpg

さらに照準器も買ってしまいました。この照準器はなんとソーラー充電式のエコ商品なのです!いままでは照準器がなかったため目標をとらえるだけで精一杯でした!
a0167480_16303915.jpg

これが全てを装着したデジスコです! う~ん かっこいい!(私のではないですけど)
a0167480_16361475.jpg

こんな風に斜めに傾けてもピタリと止まります。そのくせ軽い力でスムーズに動かすこともできるという優等生。
a0167480_16374445.jpg

これがいままでお世話になったビデオ雲台です。いままでありがとうね!
a0167480_16331080.jpg

明日からが楽しみです! 相方さんよ期待しています。


そしてここからは野鳥の写真
今回は雨の中寒さで膨らんでる鳥さんです。(2月中旬葛西臨海公園)
EOS 7D+EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM
ジョウビタキ雄
a0167480_16393115.jpg

シロハラ
ツグミ科の鳥らしくいつも地面でガサガサ餌を探しています。
名前の通りお腹が白い。飛ぶときに「キュロロロロ~」とかなり不思議な声で鳴きます。
a0167480_16415614.jpg

アオジ
ホオジロ科の鳥で黄色いお腹が特徴です。
a0167480_16452535.jpg

a0167480_16454071.jpg


冬にやってくるといえども、やっぱり寒い時は寒いんだよね!
もうすぐこの子達は旅立ってしまうのですね、寂しいですが今度は夏鳥!
初めてなのでワクワクです。

野鳥ランキングに参加しています。
↓ぽちっと応援お願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
[PR]
by atekichi | 2010-02-27 16:50 | 機材
お待たせしました。(誰も待ってないって?)
今日はカメラ・レンズ・デジスコについて書きたいと思います。

2009年12月中旬に、はじめて大和市泉の森という場所に行き、カワセミとミソサザイという野鳥に会うことができました。みなさん大砲のようなレンズを三脚にたてて撮影していました。

人見知りな私達ですが、挨拶をすると、みなさん気さくに話しかけてくれ、素晴らしい写真を沢山みせてくださいました。 こんな写真が撮りたい!! 撮ってやる~

が、私の装備はいつもと同じKissX2と55-250mmレンズ、相方はNIKONのモナークXという双眼鏡(実は前回の記事で書いた東京港野鳥公園の前に買ったのでした)。

双眼鏡はかなり優秀で大満足、しかしレンズの望遠が足りなさ過ぎて豆粒なような写真ばかり・・・

もう我慢ならない! レンズを買ってやる!

ってなことで、その日は、昼に切り上げてさっそくレンズを調べ始めました。


調べ始めるまで全くのど素人であるため、カメラ・レンズ用語が全く分からず、ただ望遠を買えばいいだけだと思ってました。

ここで、私が学んだことを簡単にまとめていきたいと思います。
これから野鳥を撮りたい!!と熱い闘志を燃やしている方々のお役にたてばと思います。

まず、
野鳥撮影の機材には大きく分けて2種類ある。(ほんとはもっとあるがこれが主流)
①一眼レフカメラに望遠レンズ
②フィールドスコープにコンパクトデジタルカメラをくっつけたもの(通称デジスコ)

撮影方法は2つ。
①手持ち撮影(機動力は高いが、手ぶれに注意)
②三脚を使用して撮影(ブレなく撮れるが、機動力にかける)

私は一眼レフは持っており(相方が買ったものだが)、自分で散策しながら撮影したいので両方①という選択を中心に調べ始めました。

分かったことはレンズの焦点距離は500mm以上でかつ明るい単焦点レンズが必要だということ。
分かったけど意味は分かりません。

焦点距離:数値が大きいほど遠くの物を大きく写せる(望遠)、小さいほど広い範囲を撮影できる(広角)。

明るさ:F値と呼ばれ、数値が小さいほど明るいレンズで暗い場所での撮影も可能になる。ただし、F値が小さい(明るい)レンズほどより多くの光を取り込むために大きくなってしまい、望遠になるほど(焦点距離が大きいほど)バカでかくなってしまい値段もとんでもないことになる。

単焦点:焦点距離が固定されているレンズ、反対にズームレンズというものがあり、こちらは焦点距離が動かせるレンズ(私が使っていたレンズ55-250mmはズームレンズ、55-250mmの焦点距離を選べる)。焦点距離が動かせるため色々な用途に使えるが、単焦点のほうが写りがよい。

ふむふむ、よくわかった。カメラがCANONだから、レンズもCANONがいいやね。
ちなみにCANONにはLレンズ(白レンズ)と呼ばれる写りに定評のあるレンズがあるらしい。

それじゃ候補はこれだ!!
EF500mm F4L IS USM(通称ゴーヨン) 質量:3,870g  980,000円
EF600mm F4L IS USM(通称ロクヨン・ゲーム機じゃないよ) 質量:5,360g  1,290,000円

無理!! 重すぎる、長時間の手持ちは絶対無理。それに高すぎる。車が買えます。
しかし写りは最高みたいなので、三脚撮影・お金に余裕のある方はいいかもしれません。
憧れのレンズです。


それじゃ次はこれだ!
SIGMA APO150-500mm F5-6.3 質量:1,780g 123,800円
ズームレンズで少しF値が大きくCANONじゃないけど最近発売のレンズで、手ぶれ補正機能もあり、写りも綺麗みたい!
なにより安い!(安くはないけど、上のに比べたらね)
手持ちで撮影している人もいるし、シ・グ・マに決めた♪

さっそく当直明けにヨドバシへ
思ったよりデカイ、でもかっこいい、これが欲しい、買っちゃおうかな。
とりあえずHEROSにでてくるサイラー似の店員さんに頼んで持たせてもらうことに。

・・・無理、重すぎる。
「いいですね!」といいながらレンズをもつ左腕は1分ともたずに限界突破


こうなったらもう少し焦点距離を落として探してみよう。

①EF400mm F2.8L IS USM(通称ヨンニッパ) 質量:5,370g 1,140,000円
②EF400mm F5.6L USM(通称シゴロ) 質量:1,250g 190,000円
③EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM 質量:1,380g 260,000円
④SIGMA APO120-400mm F4.5-5.6 質量:1,640g 104,700円

①は無理
②は10年以上前のレンズで手ぶれ補正が付いてない
③も10年以上前でズームレンズ、値段も高い
④最近のレンズで値段もお手頃だが、重さがネック

自分の理想が手持ち撮影なので、④は却下。②も手ぶれ補正がなく、腕前がないの無しでは厳しい。③かな~
②、③は3~4年前から、リニューアルの噂が絶えない代物、買った直後にリニューアルされたら泣いてしまう。

しかし欲しい時が買い替え時とどっかの家電芸人が言ってたような。なんだかんだでLレンズへの憧れが出てきてしまってるし。ボーナスも入ったし、いざゆかんヨドバシへ

結局取り寄せになったけど2日後に無事に到着。 やったぜ~ 軽い!(軽くはないけど他のに比べたらね)

購入:EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM 質量:1,380g


その頃相方は・・・

デジスコに興味を持ったらしく、レンズを調べている私のところに来て、「私、デジスコ買う。」と言い放ちました。

さっそく調べてみると、フィールドスコープはNIKONかKOWAがよく、中でもKOWAのPROMINAR TSN-774という代物がいいらしい。値段は20万弱
それに付けるコンパクトカメラはCASIOの最新機種EXILIM FC150に決定!
この組み合わせのデジスコは焦点距離が1000-4000mmという超々望遠になるため三脚が必須なのです。
ピント合わせが非常にシビアでブレも起きやすい。しかしばっちり決まった時は一眼レフではとれないどアップが撮れるんです。

色々合わせて30万超え・・・

ま、機材さえあれば撮影にはほとんどお金かかんないし、長い目で見ればべね!

この夫婦は熱しやすく冷めやすい体質の持ち主のため注意が必要です。

しかし、今のところ冷める気配はなし!

ずっと続けるぞ! みなさんおうえんよろしくお願いいたします。


・・・あ、一つ忘れてました、レンズを買った撮影にいったんですけど、今度はカメラに不満が生じてしまいカメラも買うことに。

その名もCANON EOS 7D これで大砲軍団へまじっても頑張れそうです!

上から
EOS 7D+EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM
EOS Kiss x2+EF-S55-250mm F4-5.6 IS
TSN-774+EXILIM FC150
a0167480_204335100.jpg
a0167480_2043648.jpg


そして撮った写真を比較してみましょう。
多少の撮影距離の違いはあります。

カワセミ
EOS Kiss x2+EF-S55-250mm F4-5.6 IS
a0167480_2059518.jpg

EOS Kiss x2+EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM
a0167480_2102572.jpg

EOS 7D+EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM
a0167480_2112179.jpg

そしてデジスコTSN-774+EXILIM FC150
少し枝がかぶっておしいですけど
a0167480_21276.jpg

a0167480_214747.jpg


つづいて
ミソサザイ
尻尾が特徴のかなりかわいい鳥です。
この鳥が嫌いな人は少ないでしょう。
EOS Kiss x2+EF-S55-250mm F4-5.6 IS(トリミングしてしまいました)
a0167480_2163567.jpg

EOS Kiss x2+EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM
a0167480_23235153.jpg

EOS 7D+EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM
ちょっと距離があり、ピントもいまいちですが
ミソサザイの得意気に岩を登っていく感じがお気に入りです
a0167480_219198.jpg

a0167480_2193124.jpg

そしてデジスコTSN-774+EXILIM FC150
a0167480_21101638.jpg


今までの写真よりだいぶ進化したとは思いますが、みなさんの写真にはまだほど遠いので、まだまだ頑張ってみたいです。

野鳥ランキングに参加しています。
ぽちっと応援お願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
[PR]
by atekichi | 2010-01-31 21:13 | 機材