野鳥撮影5年目突入、夫婦で鳥見奮闘記。目指せ日本で300種類


by atekichi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
さてさて、翌朝6時の始発ロープウェイにのるために、朝食をキャンセルした私たちは、今日こそはと意気込んでロープウェイ乗り場へ向かいます。

駐車場にはまだほとんど車がありません。

さっそくチケットを買いに急ぎます。

「本日も強風のため運転を見合わせています」

・・・そんな馬鹿な

止まることはほとんどないと言っていたのに!2日連続とはどういうことでしょ

こんなことなら朝食食べればよかったよ・・・


早朝6時にして本日の目的を見失いました。

次なる目的地である養老温泉に向かってもいいのですがせっかくですので、前日に教えていただいたエゾフクロウを見に行くことにしました。

旭岳から320キロ、かなり遠いです。

9時半に現地につくと、10数人の方がすでに写真を撮られていました。

ここはロープで規制されていましたので、マナーの悪い方もいませんでした。

見上げると4羽の巣立ち雛が木の天辺からこちらを見ていました。

とんでもなく可愛いです。


「エゾフクロウ」263種類目(亜種別)

EOS 7D+EF400mm F4 DO
a0167480_19221643.jpg

a0167480_19222655.jpg

a0167480_19223472.jpg

a0167480_19224134.jpg

a0167480_19224833.jpg

a0167480_19225484.jpg

a0167480_1923146.jpg

a0167480_1923910.jpg


Kissx7+EF70-300mm F4-5.6L IS USM
a0167480_19231867.jpg

a0167480_19232411.jpg

a0167480_19233069.jpg

a0167480_19233646.jpg


残念ながら親鳥は見つけることができまえせんでした。

あまり一か所のところでじっとしていることが苦手な私たちは滞在時間わずか20分で退散です。

そしてこの日の宿泊先である養老牛温泉 藤や をナビで検索すると420キロとの表示

かなりの衝撃をうけました。

この日の走行距離は750キロです。

かなり滅入りましたが、行くしかないですので頑張りました。

途中で、ゲリラ雷雨にあい怖い思いをしましたが、なんとか16時に到着。

今回最大の目的であるシマフクロウに期待は膨らみます。

つづく


ここから養老温泉までは420キロ
[PR]
# by atekichi | 2013-08-24 19:34 | 北海道
朱鞠内湖を出発し、向かうは大雪山旭岳!

ロープウェイにのってギンザンマシコを見に行くのです。

到着したのは10時頃、ロープウェイ乗り場の駐車場に到着したのですが、車が1台しか止まっていません。

しかし、観光バスが止まっていましたのでみなさんはバスで来るのかと思い、取りあえずチケットを買いに行きます。

が、入り口に何やら立て看板が・・・

「現在、強風のためロープウェイは運転見合わせております」

なに~ 確かに風が強いなとは思っていまたが。

運航のめどは立っているのか確認するが、本日は無理でしょうとのこと。


確かに山の上は風が強くよく運休するのかなとも思い、聞いてみると、

「運休することはほとんどありません、かなり珍しいです。」

なんて運の悪い・・・

ま、こうなっては仕方がありません。

ギンザンマシコは明日の早朝に見に行けばいいのです。

ですので、せっかくですから、旭山動物園にでも行ってみることにしました。

「皇帝ペンギン」
a0167480_17535546.jpg

a0167480_17542371.jpg

a0167480_17543028.jpg

a0167480_17544096.jpg

「オオワシ」
a0167480_1755051.jpg


2時間ほど滞在し、本日の宿泊先である

湯元 湧駒荘にチェックインです。

ここは、ロープウェイ乗り場のすぐ近くにあり、料理がおいしいと評判の温泉宿です。

ちなみに

夕食は

a0167480_17593033.jpg

a0167480_1759436.jpg

a0167480_1801297.jpg

a0167480_1803124.jpg

a0167480_1803880.jpg

a0167480_1805715.jpg

a0167480_181465.jpg

a0167480_181124.jpg

a0167480_1812070.jpg



美味い! でもおなか一杯です。

あとはゆっくり温泉に入ってゴロゴロ就寝です。

翌朝の朝食はキャンセルして始発のロープウェイで旭岳へ向かいます。

時間はお昼まで、それまでにギンザンマシコは見つかるのでしょうか?

続く。
[PR]
# by atekichi | 2013-08-18 18:04 | 北海道
ここ朱鞠内湖は自然にできた湖ではなく、人が作った人工湖なのです。

人が作ったとは思えないほど大きいです。全貌を望むことができません。

そのため、亡くなったかたも多く、畔に大きな慰霊碑がたっていました。

なんだそんなこともあって、夜は少し寝つきが悪く、浅い眠りとなってしまいました。

早朝5時

すでにアオバトがア~オア~オと泣いています。 アオバトを知らない人はかなり不気味に思うでしょう。

さてヤマゲラを探しに出発です。

時間は2時間です。

畔をゆっくり周りますが見つかりません。

聞いた話では、ヤマゲラはじっとしていることが多く、死んでいるように動かないこともしばしば。他のキツツキと違い、幹に垂直に止まるのではなく、枝や地面に水平になっていることが多いとも言っていました。

それなら、いそうなところに目星をつけてじっくりと一枝一枝探すことに。

すると、すぐ近くにいました!

確かにじっとしていました。 しかも枝に水平に・・・

「ヤマゲラ」262種類目
EOS 7D+EF400mm F4 DO
a0167480_929789.jpg

a0167480_9291739.jpg

a0167480_9293069.jpg

a0167480_9293947.jpg

少し場所を変えたいと、車からおりてキャンプ場の炊事場へ移動しました。
ここなら順光ですし、炊事場の陰に隠れられるためヤマゲラに警戒心を与えないかと。

移動してすぐにヤマゲラが隣の木に飛び移りました。

幹にいる姿が見られると写真を撮っているとなんと巣穴がありました。

どうやら子育て中だったみたいです。そんなこととは知らずにごめんよ。

雛もまだ小さく、ご飯をせっせとあげていました。
EOS 7D+EF400mm F4 DO
a0167480_936074.jpg

a0167480_936292.jpg

a0167480_9364149.jpg

a0167480_9365396.jpg

a0167480_937255.jpg

今動くと、驚かせてしまうので、飛び去るのを待っていると、ご飯を与えた後巣穴に入っていきました。
a0167480_9371128.jpg

今がチャンスと、そそくさとその場を離れ退散しました。

Kissx7+EF70-300mm F4-5.6L IS USM
a0167480_1002517.jpg

a0167480_100357.jpg

a0167480_1004553.jpg

a0167480_1005346.jpg

a0167480_101281.jpg

a0167480_1011042.jpg

a0167480_1012168.jpg


一応、受付の方に、今回の状況を知らせると、まだ誰もその巣穴は把握していなかったとのこと。
キャンプ場ですので人が近づきすぎないようにしないととおっしゃっていました。
元気に巣だってね。

周辺では鳥以外にも

「エゾユキウサギ」
a0167480_1044399.jpg


見ることができて感激です。


朝食を食べて、次の行先は、大雪山旭岳!

ロープウェイにのってギンザンマシコを見に行きます。

が、これまた予想外の出来事が・・・(悪い方です)

続く
[PR]
# by atekichi | 2013-08-17 10:08 | 北海道
おはようございます。

16時頃朱鞠内湖へ戻ってきた私たちは取りあえずチェックインをしようと「レークハウスしゅまりない」に向かいました。

しかし、フロントの入り口に鍵がかかっており暗いのです。

これは怪しいと電話をしてみると、なんと宿泊予約したはずがされていませんでした。

夕食はダッチオーブンになりますとか色々決めたのに・・・

部屋の準備や夕食の準備もされていませんでした。

さすがにちょっとムカっとしてしまいました。

いまからダッチオーブンはできないが、ジンギスカンならできるとのこと。

周囲には他に宿泊施設がないし、部屋を用意していただくことにしました。

施設も思ったより綺麗で、なにより朱鞠内湖を一望できるロケーションは素晴らしかったです。

お風呂と夕食まで時間がありましたのでそれまで探鳥です。

湖の周囲は白樺などの木々が生い茂りなかなかよさそうです。

ここでの目的はキツツキ類です。 近くのキャンプ場受付の方に話を聞くと、ここ最近はクマゲラはなかなか見ることはできないとのこと、ヤマゲラはあちこちにいますよと。

クマゲラは先ほど見ることができましたので、クマゲラ、エゾアカゲラを探しにいくことに。

車で探鳥をしたのですが、ハイブリットでしたのでエンジン音が小さく助かりました。

最初出会ったのは

「ホオジロ」
Kissx7+EF70-300mm F4-5.6L IS USM
a0167480_835745.jpg


続いて

「エゾアカゲラ」
EOS 7D+EF400mm F4 DO
a0167480_8361076.jpg

a0167480_8362212.jpg

Kissx7+EF70-300mm F4-5.6L IS USM
a0167480_8363854.jpg


「ニュウナイスズメ」
Kissx7+EF70-300mm F4-5.6L IS USM
a0167480_8373141.jpg


そして、一番多かったのが

「アオバト」
EOS 7D+EF400mm F4 DO
a0167480_8402815.jpg

a0167480_8404185.jpg

Kissx7+EF70-300mm F4-5.6L IS USM
a0167480_8405853.jpg

アオバトとエゾアカゲラ
a0167480_841510.jpg


残念ながらヤマゲラは見つかりませんでしたが、楽しい探鳥になりました。

宿に戻り、お風呂に入った後は夕食です。

ジンギスカンと言っていましたので、自分たちで焼くのかと思いきや、生姜焼きみたいな感じで出てきました。

a0167480_8432355.jpg


しかしこれがすごく美味しかったのです!

湖を眺めながらの夕食だなんて最高です。

満足満足

翌日は8時頃出発の予定ですので5時に起きて早朝にヤマゲラ探しです。

続く
[PR]
# by atekichi | 2013-08-17 08:48 | 北海道
北海道3日目は胃腸炎or熱中症で丸一日ダウン

4日目の朝は熱も微熱まで下がり、食欲も回復。

念願のホテルの朝食、海鮮バイキングを頂きました。



a0167480_1904013.jpg


相方
a0167480_1912096.jpg


この日の予定は

稚内から朱鞠内湖に移動し、レークハウス朱鞠内で1泊、クマゲラ、ヤマゲラ探しを予定していたのですが、、最近は朱鞠内湖でのクマゲラウォッチングは厳しいものがあるそうです。

しかし、実は旅行前にブログ友達でもありますmarkeeさん「北海道の野鳥探索/markeeのシマフクブログ」

からクマゲラの営巣情報を頂いておりました。(今回、クマゲラやエゾフクロウなど沢山の貴重な情報を教えて頂きまして、ほんとうに感謝しております。)

その場所の雛は私達が北海道に行く前からどんどん成長し、いつ巣立ってもおかしくないとのことでした。

しかし、びっちり計画を組んでしまった私達の予定では、見に行けるのは5日目の昼頃で、その頃には巣立ってしまう可能性が高く、ちょっとドキドキしていました。


今回体調を崩し、車の運転もどうなるかわかりませんので、朝食を食べた後、早めに朱鞠内湖へ向かうことにしたのです。

すると、思ったより体の調子が良く、スルッと朱鞠内湖周辺に到着してしまい、時間に余裕が出来ました。

んで、急遽クマゲラを見に行くことに・・・

朱鞠内湖からは100キロ強あり、もしかしたらもう巣立っているかもしれないが、可能性が少しでもあるならと、強行しました。

お昼過ぎに現地につくも、バーダーは誰もいません。

嫌な予感が頭をよぎります。

しかし、せっかく来たのですから、せめて巣だけでも見たいと、緑生い茂る原生林を歩きます。

しばらくすると、「キョキョキョキョキョッ」と大きな鳴声が!

すぐに、クマゲラの幼鳥だとわかりました。 はやる気持ちを抑え、ゆっくりと声のする方へ向かい辺りを見渡すと


いました!

「クマゲラ」261種類
EOS 7D+EF400mm F4 DO
a0167480_19401063.jpg

a0167480_19402081.jpg


Kissx7+EF70-300mm F4-5.6L IS USM
a0167480_1940574.jpg

a0167480_1941697.jpg


PowerShot SX50 HS
a0167480_19413250.jpg



念願の鳥に出会えて大感激です。

15分ほど親鳥が来ないか待ってみましたが、一向に来る気配がなく、藪蚊も凄いためとりあえず今日の所は朱鞠内湖に戻ろうと、立ち去ろうとしたとき、幼鳥の鳴声が変わりました。

体を巣穴から出ししきりに鳴いています。

もしかしたら、近くに親がきたのかもと、カメラを向けていたのですが、一瞬目を離した瞬間に巣立ちました。


EOS 7D+EF400mm F4 DO
a0167480_19533565.jpg

体を伸ばし、この1,2秒後に巣立っていきました。
a0167480_19534636.jpg


すると、どこからともなく親鳥がきて、子供の後を心配そうに追っていきました。

幼鳥は長く飛べないのか20メートルほど飛んで藪の中に着陸です。

親が心配そうに近くの木で見守ります。

EOS 7D+EF400mm F4 DO
a0167480_19562177.jpg

a0167480_19562627.jpg


しばらくすると、幼鳥はまた元気に飛びだし、親鳥と一緒に森の中へ消えていきました。

巣立ちの瞬間は撮れませんでしたが、その場に立ち会えた幸運に感謝です。

清々しい気持ちで、朱鞠内湖へ戻ります。

しかしその途中で、またしても考えさせられる出来事がありました。

キタキツネが道路脇に現れ、走っている私達の車に近寄ってきます。

引いてしまう可能性があるので、スピードを落とすとすぐ横まできて、こちらを見てきます。
a0167480_2074180.jpg


きっと、観光客が餌をあげたりしているのでしょう。車を怖がりません・・・

この子意外にも道路脇にキツネをみかけました。

みんな車を眼で追っています。

車に轢かれているタヌキもいました。

後先考えず野生動物に餌をあげるのはやめて頂きたい。

彼らのためにはなりません。彼らの命を危険にさらすだけです。

なんだか色々と考えさせられました。

続く
[PR]
# by atekichi | 2013-08-05 19:51 | 北海道