野鳥撮影5年目突入、夫婦で鳥見奮闘記。目指せ日本で300種類


by atekichi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

タグ:奄美大島 ( 35 ) タグの人気記事

こんばんは

昨年9月に行った奄美大島で驚きの出会いがあったと書きましたが、やっとこ紹介できるようになりました。

「奄美の野鳥30」の記事で書きましたように、奄美大島旅行6日目の朝、「ヒクイナ」を探しに早朝の田園へ行ったときに出会いました。

まだ薄暗く誰もいない田園で「ヒクイナ」を探しはじめて1時間、諦めかけていたとき運転席側の水田で小さなクイナ類を見つけました。

見た瞬間に、自分達がまだ見たことのないクイナ類だと分かり、すぐに相方に知らせ夢中でシャッターを押しました。

さすがクイナ類だけあって、そそくさと稲穂の中へ姿を消し、稲の葉があるためピントがいまいちのまま、数枚だけ写真に収めることが出来ました。

さらに助手席に座っていた相方からは、かなり撮りずらい位置だったため相方の写真も・・・

手持ちの「奄美の野鳥図鑑」で確認するも載っておらず、珍しいクイナじゃないかと思いながらも、もしかしたらヒクイナかシロハラクイナの幼羽かもしれない(幼羽は成鳥と模様や色が違う場合が多いため)とネットを駆使するもなんだか違うような感じ。

その場ではそれ以上分からなかったため、夜に「NPO法人奄美野鳥の会(8時間バードウォッチングツアーのガイドさん)」に連絡をとり、確認して頂くことに。

ドキドキしながら写真をみせると、まずはヒクイナやシロハラクイナの幼羽ではないとのこと、今の段階では詳しく判断できないが、一番近い「クイナ」の幼羽じゃないかということになりました。

私達は「クイナ」を見たことがないので、「クイナ」であっても初見ですので嬉しいのですが、何度見返しても「クイナ」とは違うような気がしてモヤモヤしていました。(私が、クイナではなくもっと珍しいクイナだとずっと言っていたので相方はちょっと呆れ気味でした)

旅行から現実世界へ戻りまっさきにしたのは「日本の鳥550 水辺の鳥」という愛用している図鑑でクイナ類の検索でした。

すると「ハシナガクイナ」というクイナに似ています。この図鑑によると「日本では2007年10月14日に沖縄本島で観察・撮影」とかなり珍しいとのこと。

すぐにネットで調べるとハシナガクイナは別名ミナミクイナとも言われるそうで、どうやら日本では2007年沖縄と2010年宮古島にて観察されているみたいでしたが、写真が各個体1枚づつしか見当たらず、詳しい情報が一切ありませんでした。

たぶんハシナガクイナじゃないかと思ったのですが、思い込みと言うのがありますので、地名など詳しい情報は載せずにとある所で質問してみたところ「ハシナガクイナ(ミナミクイナ)」であるとの回答を得ました。この方が言うには本邦4例目とのことでした。

かなり興奮しましたが、種を確定するにはどうしたらいいのか分からず、またまた「NPO法人奄美野鳥の会のガイドさん」に連絡してみました。

すると、手っ取り早いのは地元新聞や野鳥雑誌に投稿することだが、これらのことを行ったからと言って正式な記録になるわけではないため、可能ならば論文として正式に発表することが望ましいとのことでした。

・・・なんだか面倒くさい話になってきました。論文なんて仕事以外で書きたくない(仕事で書くのもあれなのに)!!!!というのが率直な感想でした。

職場の上司にこのことを言うと「せっかくなんだから書いてみれば? この先子供が出来たら将来自慢できるよと」いわれ、しぶしぶ書くことに。

しかし奄美野鳥の会方に聞いたところ
「最も権威のあるのは鳥学会や山階鳥類研究所、あるいは日本野鳥の会の研究誌「Strix」などがありますが、いずれも研究者等の成果を発表する場ですので、ちゃんとした論文形式を伴なければならず、結構敷居が高いようです。」

とのことでした、野鳥の論文なんて書いたことありませんし不安はありいましたがとりあえず色々調べると、素人でも頑張れば出せるらしいのでチャレンジすることに。

論文を書くにあたり、いろいろ資料を探したのですが4例目だと思っていたのですがどうやら3例目とのことで(やったー銅メダル!)、ミナミクイナ(現在はハシナガクイナとはいわずミナミクイナ)の情報が無さすぎます。

学生時代英語の偏差値37の私がなんとか海外の情報をかき集め、昨年10月に初投稿にいたりました。三回の査読をへてようやく、2013年2月12日に論文の受理が正式決定いたしましたので、ブログにて紹介することが出来るようになりました。(長かった~)

とんでもなく長い記事になりましたがその記念すべき子がこちら


「ミナミクイナ」251種類目
EOS 7D+EF400mm F4 DO
a0167480_21201750.jpg

a0167480_21202812.jpg

a0167480_21204125.jpg

a0167480_21204984.jpg


EOS kissx2+EF70-300mm F4-5.6L IS USM
a0167480_2121256.jpg



今回、珍鳥をみつけ、かつ論文を書いてみていろいろ学ぶことが多かったです。

まず珍鳥と呼ばれる野鳥を自分が見つけた場合、友人や鳥見仲間に情報を教えたくなるでしょう。

しかし、一度流れた情報はネットなどを通じまたたくまに広がってしまうこと。全国に広まった結果、多くのバーダーが集まります。残念ながら全てのかたがマナーが良いとは限りません。餌付けなどの問題もあります。
地元のかたに迷惑がかかるかもしれません。それらの事に責任を負えないのであれば情報は流さないことがいいのではないでしょうか。 きっと誰にも言わないでねという約束をしても情報は流れるでしょう。

また、日本の野鳥会の発展のためにも、貴重な記録はブログや新聞、雑誌などに載せるだけではなくしっかりと正式な記録として後世に残すべきだと学ばせて頂きました。

今回の論文は短報として日本野鳥の会の研究誌「Strix」に掲載されることになりました。いつ頃冊子になるかわかりませんが楽しみです。

今回の出会いが本邦3例目で奄美大島初記録、日本最北の確認例となりました。

ちなみに、実はもうひとつ短報論文を出しているのですが、こちらはまだ査読中でその後連絡がありませんので採用されないかもしれません。
[PR]
by atekichi | 2013-02-13 21:40 | 奄美大島

奄美の野鳥35

ついに奄美旅行も最終日になってしまいました。

もう一泊してもよかったのですが、台風がきているため翌日から2日間は飛行機が欠航になったため強制的に帰らなければなりませんでした。

飛行機の時間まで2時間ほど鳥見ができそうでしたので、昨日出会ったミフウズラを探しに行くことにしました。

しかしそんなに何度も出てきてはくれず、見ることはできませんでした。

ですが、こんな子を見つけました。

「ツメナガセキレイ」
EOS 7D+EF400mm F4 DO
a0167480_1933288.jpg

a0167480_19331622.jpg


EOS kissx2+EF70-300mm F4-5.6L IS USM
a0167480_19332026.jpg


この後、急激に体調を崩し何度も吐いてしまい、せかく最後に美味しい昼食を食べようと思っていたのに、断念しました・・・

帰りの帰路は地獄でした。

長々と奄美の野鳥編」にお付き合い頂きありがとうございました。

旅行の前には多くの方の、奄美大島関連のブログ等参考にさせていただきました。

このブログも奄美大島へ鳥を見に行こうと考えているかた達の少しでも参考になればと思います。


次回は年末に相方の実家へ帰省した時に出会った鳥達の紹介です。
[PR]
by atekichi | 2013-01-31 19:40 | 奄美大島
ムナグロに出会ったのが16時過ぎで、ホテルへ戻らなくてはいけない時間が近づいたため最後にサトウキビ畑を数か所見て回ることに。

しかし、目を凝らすもミフウズラの気配なし。

畑を通り過ぎ、左折して大通りにでて最後のサトウキビ畑にある小石を眺めながら車を加速しようとした瞬間、相方が「いた~~~~~~~!!!!!」と叫びました。

急いで、かつ安全を確認し車を止め、畑を確認すると、小さな物体がもぞもぞ動いていました。

双眼鏡で確認すると なんと、私が小石だと思っていた物体は「ミフウズラ」だったのです・・・

しかも子連れのお父さんでした。想像以上に小さく、ましてや子どもなんて豆粒のように小さいのです。

子連れのミフウズラはいそいそとサトウキビ畑の中へ戻っていきます。

急いでカメラを準備するも草に阻まれピントが合いませんでした。

「ミフウズラ」250種類目
EOS 7D+EF400mm F4 DO
a0167480_1983958.jpg


EOS kissx2+EF70-300mm F4-5.6L IS USM
a0167480_1985278.jpg

a0167480_199127.jpg


まさか出会えるとは、しかも子育て中だなんて。 こんな時期に子育てしてるだなんてちょっと心配です。
サシバに狙われない様にね!

鳥見を初めて早2年10ヵ月。いつの間にかに250種類もの鳥達に出会うことが出来ました。

職場も変わり、鳥見に行ける回数もグッと減りましたが、今後もマイペースで続けてきたいと思います。


いよいよ奄美旅行も最終日となってしまいました。

奄美大島の野鳥35
[PR]
by atekichi | 2013-01-31 19:19 | 奄美大島

奄美の野鳥32

その後も夕方までずっと農耕地で「ミフウズラ」探しです。

ミフウズラは見つからずとも、嬉しい出会いもありました。


「ツバメチドリ」
数日前は海で初見しましたが、やっと土の上で見ることが出来ました。

EOS 7D+EF400mm F4 DO
a0167480_18294168.jpg

a0167480_18295580.jpg


EOS kissx2+EF70-300mm F4-5.6L IS USM
a0167480_18295961.jpg


この一帯の農耕地では数羽のツバメチドリと出会うことが出来ました。

奄美大島の野鳥33
[PR]
by atekichi | 2013-01-31 18:31 | 奄美大島

奄美の野鳥31

お昼ごはんを食べ、農耕地へ!

ミフウズラはサトウキビ畑に生息しており、たまに農道やサトウキビの間から出てくるようです。

しかし、以前ガイドさんに聞いてみたところ、この時期は子育ても終わり、サシバも渡って来ているためほとんど姿を見ることは出来ないようです。

みつからなかもしれませんが、広大な畑をのんびり鳥を探すのは至福の時間でした。

そんな中出会ったのは

「キジ」雌 249種類目
EOS 7D+EF400mm F4 DO

畑に張られた防護ネットの中へ入りたがっていました。
a0167480_1822088.jpg

a0167480_1822388.jpg


入りたくても入れませんので、なんだか困った顔をしています。

奄美大島の野鳥32
[PR]
by atekichi | 2013-01-31 18:23 | 奄美大島

奄美の野鳥30

さて、6日目は特に予定はないので朝は秋名田園でヒクイナ探し、日中はドライブしながらサトウキビ畑でミフウズラ探しです。

5時に宿を出て、6時少し前に秋名へ到着です。薄暗い中鳥を探します。 

いつもいるイソシギやヒバリシギ、バンなどの他にこんな子に出会いました。

「タカブシギ」

EOS 7D+EF400mm F4 DO
a0167480_17541365.jpg

a0167480_17542652.jpg


EOS kissx2+EF70-300mm F4-5.6L IS USM
a0167480_17543759.jpg


車の中でじっとしているとすぐ近くまで寄ってきてくれました。

このあと1時間くらい田園を探すも「ヒクイナ」は見つかりませんでした。

しかし、この時驚きの出会いがありました。

実を言うとここでその子を紹介するつもりでしたが、都合によりもう少し後になりそうです。

近いうち紹介できるよう頑張ります。

秋名を後にして、海辺でのんびり休憩して午後はサトウキビ畑および農耕地でミフウズラを探します。

奄美大島の野鳥31
[PR]
by atekichi | 2013-01-31 18:08 | 奄美大島

奄美の野鳥29

タシギをみたあと少し移動すると、道路の真ん中に小さな丸い塊が2つほどありました。

なにかと思い双眼鏡で覗くと、鳥がうずくまっていました。

心配になり、そろりそろりと車で近付くとその鳥はイソシギでした。

「イソシギ」
EOS 7D+EF400mm F4 DO
a0167480_1916339.jpg

なかよくふたり並んでいます。
2羽とも怪我をしているとは思えず、もしかしたら温まった地面でぬくぬくしているのかもしれないと、しばらく眺めていると突然、激しく動き回り1羽がもう1羽に猛然と喧嘩をしかけました。

EOS 7D+EF400mm F4 DO
a0167480_19195096.jpg

a0167480_19195860.jpg

a0167480_1920625.jpg

a0167480_19201443.jpg

a0167480_19202333.jpg

a0167480_192036100.jpg

a0167480_19204343.jpg

a0167480_19205255.jpg

a0167480_1921084.jpg

a0167480_19211238.jpg

a0167480_19212393.jpg


相手を蹴飛ばし突き、毛をむしってしまうなんて、よっぽど頭に来たのでしょうか?
ついさっきまでなかよくお団子になっていたのに・・・
不思議です。私達にはわからない駆け引きがあったのでしょうかね?


結局今回もヒクイナは見つからず宿に帰りました。

楽しかった旅行も残すは後2日となってしまいました。

次の日は終日予定がありませんので、朝は今日と同じく秋名の田園、その後は観光しつつサトウキビ畑でミフウズラの捜索です。

奄美大島の野鳥30
[PR]
by atekichi | 2013-01-28 19:25 | 奄美大島

奄美の野鳥28

こんばんは

奄美の野鳥の続きです。

8時間バードウォッチングを終え、ホテルに戻る前に秋名の田園によりヒクイナを探しに行きました。

車で田園地帯をゆっくり巡りながら目を凝らします。

前日まで見られなかった子があちこちにいました。

「タシギ」
EOS 7D+EF400mm F4 DO

a0167480_18565977.jpg
a0167480_18571598.jpg

a0167480_18574575.jpg

a0167480_18582864.jpg

a0167480_1858435.jpg


EOS kissx2+EF70-300mm F4-5.6L IS USM
a0167480_18591599.jpg

a0167480_18593168.jpg


どうやら、タシギの他にチュウジシギやハリオシギもいたみたいですので、もしかしたらこの中にもいるのかも?4、5枚目が怪しいですがこの写真だけではわかりませんね。


奄美大島の野鳥29
[PR]
by atekichi | 2013-01-28 19:02 | 奄美大島

奄美の野鳥27

こんばんは

さて、金作原原生林散策の後は、アカヒゲ・オーストンオオアカゲラを探すのですが、これが全然見つかりません。 
アカヒゲは時期が違うので仕方がないのですが、オーストンオオアカゲラは簡単に見られるものだと思ってましたが、午後の探鳥はずっとオーストンオオアカゲラ探しになってしまいました。

もちろん、その間もアカハラダカを見たり、自然博物館などに立ち寄ったりしました。

だんだんと、夕方に近づくころ、最後に案内された場所で、出会うことができました。

そこは山の上にあるキャンプ場でした。 ついてすぐ、何か黒い鳥が木の幹にとまり、直観でオーストンオオアカゲラだと分かりました。

一つの木にじっとしておらず、飛びまわるため写真に納められたのは数枚だけでした。


「オーストンオオアカゲラ」248種類目

EOS 7D+EF400mm F4 DO
a0167480_191710100.jpg

a0167480_1917152.jpg


EOS kissx2+EF70-300mm F4-5.6L IS USM
a0167480_19173437.jpg

a0167480_1917386.jpg


この場所は自分達だけではこれなかったと思いますので、ガイドさんに感謝です。

最後の最後に嬉しい出会いでした。

16時にガイドさんと別れ、日没まで秋名の水田でヒクイナを探すことにしました。

奄美大島の野鳥28
[PR]
by atekichi | 2013-01-17 19:23 | 奄美大島

奄美の野鳥26

金作原原生林では他にもこんな子達に出会えました。

「リュウキュウサンショウクイ」
EOS 7D+EF400mm F4 DO
石垣島でも出会いましたので2度目です。
a0167480_19193655.jpg

a0167480_19194834.jpg


「センダイムシクイ」247種類目
EOS 7D+EF400mm F4 DO
a0167480_19203082.jpg

頭央線がありキマユムシクイと迷いましたが、写真でも頭央線がわかるくらいですし、嘴の下面が全体的に黄色っぽいので「センダイムシクイ」でした。

金作原原生林をあとにし、次は「アカヒゲ」・「オーストンオオアカゲラ」の探鳥に向かいます。

奄美大島の野鳥27
[PR]
by atekichi | 2013-01-15 19:41 | 奄美大島