野鳥撮影5年目突入、夫婦で鳥見奮闘記。目指せ日本で300種類


by atekichi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

北海道で鳥見旅行(7日目~8日目)

さて、この日の夕食は
a0167480_1338132.jpg

a0167480_13382058.jpg

花咲ガニでした。ウマウマです。

ちなみに前日にシマフクロウが生簀に来ていたことは、宿泊者はおろか宿の方も知らなかったようです。
30分置きに起きたかいがありました。

早めのお風呂、食事を済ませシマフクロウ撮影の準備をします。


食事の後少しうろうろしていると、また電柱にきているよと
Kissx7+EF70-300mm F4-5.6L IS USM
a0167480_14182361.jpg



この日は何時に生簀に来るのかな?

前日と同じく中々でないので、またアラーム30分攻撃です。

連日の疲れもあり、すぐに眠りに付きます。

目覚ましが鳴っても、かろうじて置きモニターをチェック。

走行しているうちに昨日と同じ3時、モニターを見るもいません。

今日はこないのかと、眠りに付いてすぐ相方が

「いるよ!!!シマフクロウ来てるよ!」

時刻をみると3時10分、私がモニターをチェックした時はいなかったので、この10分の間に来てくれたみたいです。

急いでカメラの準備です。

設定などは前日の教訓を生かし素早く行います。

とりあえず昨日と同じレンズで挑戦

EOS 7D+EF400mm F4 DO
SS:1/2
ISO6400
a0167480_1353234.jpg

SS:1/4
ISO:1250
a0167480_13531380.jpg

なんとか迫力のある写真が撮れました。しかしSSが遅くシャキッとしません。
SS:1/4
ISO1250
a0167480_1353281.jpg


時刻は3:30を回り、少しずつ空が明るくなってきました。
ここでレンズも400mmDOから100-400mmに変更です。

EOS 7D+EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM
SS:1/4
ISO:1250
a0167480_13475018.jpg

SS1/80
ISO:1600
a0167480_13483892.jpg

池の周りをのそのそ歩きます。

その後、生簀の魚を捕ります。
SS:1/125
ISO:1600
a0167480_1348484.jpg

a0167480_13592331.jpg

a0167480_13593455.jpg

a0167480_13594164.jpg

a0167480_1359529.jpg

a0167480_140962.jpg

a0167480_1401690.jpg

4時26分森の中へ消えていきました。
a0167480_1402669.jpg

4時半ですとかなり明るいので、自然光の中シマフクロウを見ることができましたことは、とても貴重な体験になりました。
この時は、ISOをあまりあげずに写真を撮りたい衝動にかられてしまいSSを1/125まで上げなかったのですが、SSをもっと上げて、ちゃんとした動きのある写真を撮ればよかったと後悔しました。
そう考えますと、400mmで撮った2枚目の羽を広げた写真はSS1/4ですので自分のなかでは奇跡の写真になりました。

ここからは
相方の写真

Kissx7+EF70-300mm F4-5.6L IS USM
SS:1/10
ISO6400
a0167480_1471562.jpg

SS:1/10
ISO:1600
a0167480_148035.jpg

a0167480_148753.jpg

SS:1/10でよく撮れたなと感心です。

a0167480_1485279.jpg

a0167480_1491386.jpg

a0167480_1492278.jpg

a0167480_1493074.jpg

だいぶ明るいです
SS:1/30
ISO:1600
a0167480_1493928.jpg

a0167480_1494654.jpg


なんだかんだ言って、それなりに動きのある写真も撮れました。
藤やの魅力は、部屋でくつろぎながら、気兼ねなくシマフクロウが見られること。
そしてなにより、自然光の下で見ることができる可能性があるといったことではないかと思います。
最近は羅臼の方が断然人気ですが、ここ養老牛も素晴らしくいいところだと思います。
写真がすべてじゃない、のんびりしながらシマフクロウを見たいというかたは是非、ここも視野に入れてはどうかと思いました。
といっても羅臼のシマフクロウも見に行きたいという気持ちはありますが・・・


今回2日間生簀に来てくれたのは、オスのシマフクロウ。メスは電柱に来るのですが生簀には来てくれませんでした。
この番は毎年子育てをして、この時期は雛も連れてくるらしいのですが、今年はダメだったようです。
後日聞いた話ですと、巣の下に雛の亡骸があったそうです。
そして写真を見た方はお気づきでしょうが、左目が傷ついています。
どうも数年前に子供をキツネから守ろうとして負傷してしまったとのことです。
片目のため、生簀の魚を取るのにも何度も失敗していました。
自然の厳しさを垣間見ました。


長かった北海道旅行も、これにておしまいです。
シマフクロウが去ってからは、寝ないで朝食をいただきました。
a0167480_14291081.jpg


いろいろあった旅行でしたがいい思い出です。
こんどは冬の北海道を計画中です。流氷がみたいのです。
[PR]
by atekichi | 2013-08-25 14:30 | 北海道